婚約指輪にも活躍の場を!結婚式の演出に取り入れて

エンゲージカバーセレモニーをやろう

結婚式も多様化していますよね。その流れで演出の種類も新しいものが色々登場しています。自由度の高い人前式と相性が良く、そのカップルごとに個性的な結婚式が見られるかもしれません。結婚指輪と異なり、あまりはめる機会が少ない婚約指輪を結婚式の演出に取り入れる流れもあり、エンゲージカバーセレモニーと言う演出が生まれました。比較的新しい演出なので知らない人も多いですから、司会者に事前に説明してもらうようにしましょう。エンゲージカバーセレモニーは、お互いの指に結婚指輪をはめてから、花嫁の指に婚約指輪を重ね付けする儀式です。永遠の愛に蓋をするという意味が込められているんですよ。婚約指輪は結婚指輪とセットでつけること前提でデザインされているものも多いので、両方はめても違和感はありませんよ。

エンゲージカバーセレモニーのやり方は

指輪交換を済ませた後に、婚約指輪をはめてゲストに見せるというのが基本的なやり方です。通常の挙式の流れに少し作業が加わるだけなので、簡単に取り入れることができます。指輪が三つ必要なので、リングピローを用意する際にはその点を考えて選びましょう。婚約指輪だけは、これが収納されていたリングボックスに入れておいてもいいかもしれません。その方が、通常の指輪交換とは一味違うことをすることが強調できます。エンゲージカバーセレモニーは、挙式の時に指輪交換の流れの一部としてそのまま行ってもいいですが、あえて披露宴用のプログラムに組み込んでもいいですね。

白金の結婚式場の契約方法を理解するにあたり、腕の良いウェディングプランナーと継続して相談をすることがポイントです。