楽しい宴会!最後まで良い思い出にするには?

参加メンバーが帰りやすいような配慮

楽しい宴会は、お酒をたくさん飲むことになりますし酔いが回るとまともな判断が困難になります。それなのにも関わらず、駅から遠い場所が会場だったり郊外にあるなどして帰宅に時間がかかるという状況だと大変です。なので、どれだけ酔っても駅に向かえるように駅近くの会場で宴会をするのがベストです。意識が朦朧としている状態では、無事に帰れるか分からないですし路上で寝てしまうと盗難や交通事故の被害に遭う危険性があります。宴会の終わりは、最後の締めの挨拶ではなく家に帰るまでだということを忘れてはいけません。

ハイクオリティな料理

宴会は特別なものなので、いつでも食べられるような料理が出てきても参加者の気分は上がりません。もちろん予算の範囲内ということにはなりますが、料理自慢のお店で宴会をするとお酒があまり飲めない人でも満足できます。また、事前に何系の料理が良いか参加メンバーに確認しておくことも大切です。例えば、多くの方が海鮮系が苦手なのにも関わらず海鮮自慢のお店に行くとほとんど食べられないことになります。多数決で決めるか、上の身分の人の好みに合わせるとスムーズに決定できます。

お酒の種類は豊富か?

お酒の種類が豊富だと、参加者の満足度も高まります。プランにもよりますが、大抵の宴会は時間制限で飲み放題です。しかし、お酒の種類が少ないと選択肢が限られてしまうので気持ち良く酔えない可能性があります。最近は、様々なお店が企業努力を重ねて飲み放題なのにも関わらず何十種類も飲めるお店も登場しています。

品川の宴会場はとても人気があります。交通アクセスがとても良好なので、遠方からも参加を募りやすいからです。