二人の物語を語ろう!婚約指輪に込める思い!

結婚が決まったら婚約指輪

婚約指輪は男性から女性へ愛の証として贈られるものです。結婚が決まったらカップルは婚約指輪を贈ることを検討します。さて、この婚約指輪はつける機会が多い結婚指輪と違って、特別な時につける傾向があります。そのため装飾が施されていたり、デザインが特別であったりします。女性の好みを反映する婚約指輪を選ぶと一生の思い出になります。男性側からすれば婚約指輪を贈った気持ちを忘れないような品を選ぶとよいでしょう。

結婚は二人が紡ぐ物語

婚約指輪を贈るところから始まるのは二人の物語です。それまでは別々に暮らしていた二人が婚約指輪を贈るところから二人でともに人生を歩みだすのです。つまり婚約指輪は二人の物語の序章となります。始まりが良ければ物語は良い物語になっていくでしょう。そう考えると婚約指輪に手を抜くことは許されません。これからの二人を想像しながら選ぶと自然と好みの指輪になっていきます。一生に一度の思い出の贈り物ですからここでは最高のものを選びましょう。

婚約指輪に思いを乗せて

結婚してからの二人がどのような物語を紡ぐのかはまだ誰にもわかりません。でも、婚約指輪に決意を込めて相手に語ることはできます。未来予想図を用意して幸せな二人になっていく将来を話すのです。思いを実現するために二人とも頑張ることができます。そのようにして始まった二人の物語はどこかでつまづいても立ち上がることができるでしょう。原点に未来予想図があるのですから、そこに立ち戻ればいいです。このように婚約指輪が二人の原点になっていくのです。

婚約指輪の平均の購入価格は、約36万で、挙式の一年ほど前から準備する方が多いようです。そして9割以上の方がダイアモンドを選んでいるとの事です。