結婚指輪を選ぶときにはリング選びが大切です!

選ぶ上で重要なのはリングの素材!

結婚指輪は結婚式のときにカップルが贈り合う大切なものです。この結婚指輪は一生身につけるものなのでしっかりと選びたいものです。結婚指輪は宝石、リング、デザインの3つの観点から選ぶのが一般的です。結婚指輪は婚約指輪とは異なって宝石をつけることはほとんどありません。結婚指輪は日常生活で身につけるものだからです。また、派手なデザインは普段のファッションと合いにくく、宝石を付けないシンプルなデザインを選ぶ傾向があります。したがって、結婚指輪で重要になってくるのはリングの素材選びになります。リングの素材にはいろいろなものがあります。

リングの素材はいろいろあります!

結婚指輪のリングの素材としてはゴールドとプラチナを選ぶことが一般的です。ゴールドは金色だけでなくさまざまなカラーがあります。ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドなどです。特に、ピンクゴールドは女性の間で近年非常に人気が高まっています。ピンクゴールドは見た目の可愛らしさもさることながら、強度が極めて高く金属アレルギーになりにくいからです。しかも、その色合いはどのようなファッションにも合わせやすいです。ただし、もとがゴールドなので人の脂で変色しやすいという性質もあります。日常的に身につける人は定期的に拭き取りをする習慣を持つといいでしょう。また、パラジウムという素材も注目を集めています。プラチナと同じ色合いであり、変色しにくく頑丈です。プラチナよりも安価なのでおすすめです。

結婚指輪とは、男性と女性が結婚した際に、誓いとして双方の左手の薬指にお互いで装着する指輪のことをいいます。これをつけることで、自身が結婚しているという証明にもなります。